マイニング

どうやって「ビットコイン」を生み出すのか「マイニング」と呼ばれる手法を使い、演算によって生み曲された特定のデータを暗号化し、「世の中にひとつしかないデータ」にする、すなわち一意性をもたせることで、通貨とし使える属性を与えます。マイニングはコンピュータ上のソフトにおこなわせるある種の作業であり、その結果、ビットコインを得ることができます。「マイニングという作業の具体的な中身がなんなのか」「そもそもなぜ暗号化されるとコピーができなくなるのか」という疑問があるかとは思いますが、ここでは「そういうものだ」という理解にとどめていただいて結構です。重要なのは、作業の時間と電気代さえかければ、「暗号通貨」を得ることができる、ということです。

マイニングという作業により、「世の中にひとつしかないデータ」が生まれるわけですが、ビットコインの場合、その個数は有限で、理論上2100万BTC分、とされています。通貨が制限なく発行されることで、やがてインフレーションがひどくなることを避けようという意図が、はっきりと示されています。そのために、「マイニング」という特別な作業をおこない、暗号化された複製不可能なデータを生み出し、理論的にそれが「ある一定以上の数にならない」ように制限をかけているわけです。これはある意味で、現在使われている紙幣よりも、昔の金貨や銀貨に似た性質である、と考えてもらったほうがいいかもしれません。そもそも「マイニング」という言葉自身が、英語の「採掘」から採られたものであり、類似性があるのも当然です。

ビットコインとネットワークのTOPへ戻る