Arrow
Arrow

文字列の検索や置換

文字列の検索や置換を行う方法として、「正規表現」というものがあります。正規表現を使用すると、複雑な検索や置換をシンプルに表現できます。 PHPには、正規表現を行うための関数が用意されています。正規表現の基本や、正規表現関連の関数の使用方法をみてみます。
プログラム作りの経験があまりなければ、「正規表現」は初めて耳にする言葉かもしれません。そこで、「正規表現とは何か」ということから話を始めましょう。 正規表現とは、おおまかに言えば「文字列のパターンを、記号を利用して書き表す方法と言えます。 文字列処理では、同じような形の文字列を操作することがあります。たとえば、 abc abd abeは、最初の 2文字が ab で、残りの 1文字だけが異なるもので す。このような似通った文字列を、いろいろな記号を使用して、パターン化して表 すのが正規表現です。ここで取り上げた例だと、 ab cdeのように表せます。
正規表現を使用して文字列を検索するには、まずは、正規表現を使用して文字列を検索する方法からみていきましょう。 これには eregという関数を使用します。

ここには正規 表現も指定できます。 検索対象の文字列の中に検索したい文字列が見つかると、この関数はTrue を返し ます。見つからなかった場合はFalse を返します。検索対象の文字列の中に abcという文字列が含まれているかどうか ?という単純な文字列を検索する場合は、その文字列をそのままパターン文字列として指定します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *