previous arrow
next arrow
Slider

戻り値について

 戻り値とは、関数の結果のことを表します。ユーザー定義関数が戻り値を持つ時には、return命令を使用して呼び出し元に返します。return命令で関数の処理は完結してしまい、それより後ろの命令は処理されないままになるので、その点には注意をしなければなりません。

 また、return命令を省略することも可能です。その場合、ユーザー定義関数はなにも返しません。ただ、あらかじめ決められた処理を実行するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です