Arrow
Arrow
Slider

Webアプリケーションの画面設計

Webアプリケーションは、作成する前に設計を行わなければなりません。
設計はスクリプト作成するための基盤となるものです。
設計を行うことでスクリプ卜を効率よくつくることができます。

Webアプリケーションの設計とは、作成する機能や目的に対して細かくまとめた情報のことです。
画面設計、データベース設計、機能設計など、設計にはさまざまな成果物が あります。
Webアプリケーションの設計の成果物ではそれぞれで使用する用途が違いま
す。
例えば、「機能仕様書」は作成する機能の設計図です。
また、各機能の詳細は「詳細設計書」、画面の遷移は「画面遷移図」、データベーステーブルの説明と項目の説明を「テーブル定義書」、データベースのリレーション関係は「ER図」にします。

このような設計をもとに開発を始めることが望ましいです。
しかし、開発したいアプリケーションが大規模になればなるほど設計段階に労力がかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *