Arrow
Arrow
Slider

データの一覧

入力したデータの内容というのは、phpMyAdminを利用することで確認してきたと思います。オリジナルで確認をするための一覧画面というのは、「index.php」を利用するそうです。データベースに接続したr「my_items」テーブルからデータを取得するそうです。並び順などは「idの逆順」というものにしておくそうです。こうすると、新しい情報が上に並ぶということで管理しやすくなるそうです。その次に、table要素を仕上げていくそうです。「mysql_fetch_assoc」で取り出したデータを利用してtr要素を繰り返して表示するそうです。td要素の中では、各データをそれぞれ表示するようにするそうです。「maker_id」というものではわかりにくいそうなので、リレーションを使ってmakersテーブルから実際の名前を取り出すようにするそうです。プログラムの方は、SQLでは「makers」テーブルと「my_items」テーブルを連結するそうです。取り出す値として「m.name,i.*」となるそうです。これは「makers テーブルのnameフィールドと、my_itemsテーブルの全部のデータ」という意味になるそうです。接続プログラムを共通プログラムにする方法があるそうです。PHPでMySQLを利用する場合には「接続(mysql_connect)」「データベーススペースの選択(mysql_select_db)」「文字コードの設定(mysql_query)(SET NAMESUTF8′)」という記述が必ず必要となるそうです。例えば「input_do.php」と「index.php」でデータベースを利用するならば「require」を用いて、共通化するそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *