Arrow
Arrow
Slider

PHPとローカルホスト

PHPのプログラムを記述・修正するたび、インターネット上のサーバにプログラムを置くことは時間も手間もかかってしまいます。そのため、使用するパソコンにApach HTTP Server等のサーバソフトウェアをインストールする事でWebサーバ機能を持たせてからPHPのアプリケーションを開発します。そして、その機能を持たせたパソコンでPHPのプログラムの記述を行い、ブラウザから使用している自身のWebサーバにアクセスするのが一般的なようです。この状態は自身が使用しているパソコンの中だけでサーバとクライアントのやり取りが完結しており、インターネットを経由していない状態なのです。このようにする事により、何か致命的なエラーを起こした場合でも自身が使用しているパソコン内での出来事で完結するため他者に迷惑をかけることもありませんし、開発スピードも上がるようになるようです。つまり、ローカルホスト(Local Host)とは使用しているパソコン内に配置したWebサーバの事なのです。「ローカルホストを立てる」とは使用しているパソコンにWebサーバ機能を持たせることなのだそうです。PHPが実行できる環境を整えるためにもローカルホストを立ててみましょう。さて、では自身のPHPの本場運用を行う際はどうでしょうか?その場合は、リモートホストのサーバを用意しましょう。OSやサーバなどに関する専門的な知識が必要とはなりますが、サーバ専用機を購入し、自身でサーバを構築することも可能なようです。一般的にはレンタルサーバを使用するようです。サーバー業者の多くはPHPに対応しているレンタルサーバのサービスを展開しているため、簡単に利用する事が可能なようです。また、レンタルサーバは、1人1台借り切る専用サーバと複数人で1台のサーバの領域を区切って使用する共有サーバがあるそうです。また、Virtual Private Server(VPS)というプランもコンピューターの処理速度向上により人気なようです。このサーバは物理的なサーバ1台なのに対して、仮想的にサーバを複数台用意し、1人1台仮想サーバを割り当てる方式なのだそうです。自由度が高く人気なのですが、自身でサーバの構築を行うための知識が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *