previous arrow
next arrow
Slider

ホームページまでの誘導「広告」の存在

お店のホームページにたくさんのお客様を集客するために行う広告戦術の1つに「リスティング広告」があります。リスティング広告を、まるで駅前で人々に配布するチラシに例える専門家等などもおりますが、実際に街中でチラシを配ったり、またチラシをポスティングなどすることによって、皆さんの運営するホームページの存在をお客様にお知らせすることなどもあるそうです。チラシにはお店の名前ともに、WEB上で店名を検索をするとクーポン券などが得られるなどといったようなお客様にとってのメリットを掲載することによって、ホームページ上のアクセス数を増やすことにつながるのだそうです。皆さんもテレビ CM などで「続きはウェブサイトで」などといったような名文句をお聞きになられたことはないでしょうか。 Web 以外のメディアを通じて集客を行うことによって、ホームページ上のコンテンツ内容から、サービスや商品情報に関するより深い知識をお客さまにご提供しようというのが狙いの1つであるとされているようです。広告はホームページの存在を大勢の人々に知ってもらうチャンスでもありますので、見込み客とされるユーザーたちをうまくホームページまで誘導することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です